HiroseFX(ヒロセ通商)(fx初心者入門講座)

HiroseFX(ヒロセ通商)

TOPページ おすすめFX会社 > HiroseFX(ヒロセ通商)

 

HiroseFX(ヒロセ通商)

FX(外国為替証拠金取引)のトレードをしていて、
10万通貨や1万通貨の取引はちょっと無理。もっと小規模の取引ならばしても良いのだけれど。
と思った事はありませんか?

私も1万通貨の取引に必要な証拠金の金額を考えて溜息を付き、トレードを見送ることもしばしばでした。しかし、もっと小さい単位で取引できるFX会社があると知り、トレードのチャンスが増えました。

FXの取引を行う場合、最低取引単位(ロット)が業者ごとに決まっていて、通常、最低ロットは10万通貨、少ないところでも1万通貨です。ところが、ヒロセ通商では、その10分の1の1000通貨から取引ができるのです。

最低ロット1000通貨、これは魅力です。

ヒロセ通商のFX講座は4種類あり、取引通貨ペアやスプレッド、スワップポイントなどが異なりますから、自分のトレードスタイルにぴったり合う口座を見極めることが重要です。

4種類の口座を特徴別にまとめると、まず、冒頭でお勧めした1000通貨単位から取引できるのが「ヒロセFX2-ミニ」。少額資金でFXを始めたいと考えている方に向いている口座です。
初心者向けとはいうものの、取引通貨ペアは32種類と驚くほど充実しています。注意しなくてはならないのは、取引手数料が片道15円かかること。しかし証拠金は1ロットつまり1000通貨ごとに500円と極めて低額ですから心配は要りません。

例を挙げてみると、英国ポンド/円を3000通貨買い、50銭値上がりした時に決裁した場合、証拠金は1500円必要、取引手数料は30円、為替差益は1470円という計算です。
これなら、「まずFXを試してみたい。」という人でも無理なく始められるのではないでしょうか。
(一部の通貨ペアは最低取引単位が1万通貨からとなります。)

同じシステムを使って最低取引単位が1万通貨単位なのが「ヒロセFX2」。
取り扱い通貨ペアは同じですが、取引手数料は片道100円なので、1万通貨以上の取引をする場合は「ヒロセFX2-ミニ」より手数料が片道50円安くなります。(一部の通貨ペアは最低取引単位が10万通貨からとなります。)
 「ヒロセFX2」、「ヒロセFX2-ミニ」に共通しているのは、ヒロセ通商の口座の中で最もスワップポイントが高く設定されている事とスプレッドが変動制(例:USドル/円で1~3銭)であることです。豊富な種類の通貨ペアからわかるように、スワップ獲得を楽しみにしているトレーダー向けの口座であり、取引量に応じてどちらかを選べば良いと言えます。

変動制のスプレッドに抵抗を感じる人に向いているのは「ヒロセFX」です。
固定制のスプレッドでUSドル/円:2銭、豪ドル/円:5銭等、業界屈指の低スプレッドです。取引単位は「ヒロセFX2」と同じく1万通貨からで取引手数料も同じく片道100円ですが、通貨ペア20種類というのは、「ヒロセFX2」、「ヒロセFX2-ミニ」よりスワップポイントが低く設定されており、スワップ派に人気のトルコリラ、南アフリカランドなどの高金利通貨を扱っていない為です。スワップは気にせずにトレードする人向けの口座です。

4つめの口座は、驚きの149種類という通貨ペアを誇る「ヒロセトレーダー」です。
実は、「ヒロセトレーダー」は、「某通貨ペアを取引したい。」という目的で取引希望が殺到している口座なのです。その通貨ペアとは、今FX業界で最も注目を浴びているアイスラインドクローナ/円。最近までアイスランドクローナをクロス円で取引できるFX業者がなかったところをヒロセ通商が取り扱いを実現しました。先進国屈指の13.75%という高金利政策を取っているという事は、スワップが高額になるという事です。
ヒロセトレーダー」は取引手数料無料、固定スプレッド(USドル/円で3銭)と低コストで取引できます。最低取引単位は5000通貨からですが、通貨ペアごとに決められているので、取引通貨ペアを良く研究しているトレーダー向けの口座と言えるでしょう。

ヒロセ通商、このように豊富な選択肢からトレーダーが自分の好みの取引内容を選択できるようなシステムを生み出しました。それを生かすことができるのはあなた自身なのです。

ページトップへ↑