くりっく365(仕組みとメリット)(fx初心者入門講座)

くりっく365(仕組みとメリット)

TOPページ くりっく365について > くりっく365(仕組みとメリット)

 

くりっく365(仕組みとメリット)

FX(外国為替証拠金取引)を始めてから、税金が気になってしかたありません。
なぜなら、FXの利益に対する税率は株取引で得た収入に比べて不利になっており、思わぬ高い税金を払うことになって悔しい思いをする人が後を絶たないという噂を聞いたからです。

そんなとき、「くりっく365」で取引をすると税金が優遇されるという話を聞き、そんな良い話があるならば・・・
と、すぐに取引条件をチェックしてみたところ、お得な情報が満載でびっくりしました。

同じFXの取引で得た利益でも、税金を払った後の手元のお金がこんなに違うのなら、今すぐ「くりっく365」に口座を開設しなければもったいない!というのが結論です。

それではなぜ「くりっく365」がお得なわけをこれからご説明しましょう。

くりっく365」は、東京金融取引所に上場している「取引所為替証拠金取引」の愛称で、一般のFX(非くりっく365)との大きな違いは、取引所とFXの取引ができるということです。(「くりっく365」以外で一般のFXブローカーと取引する場合は、取引所を通さないので「相対取引」と言われています。」

くりっく365」で取引をする最大の魅力は税制上の優遇措置でしょう。

特に大きなメリットは税率です。
くりっく365」で得たFXの利益にかかる税率は一律20%。一方、一般のFXブローカーで行った取引で得た利益にかかる税率は最大50%にもなります。例を上げると、年所得が330万円超~660万円以下の方の税率は30%ですのでFXで300万円儲けたら90万円は税金です。しかし「くりっく365」なら20%なので、60万円で済みます。税額が30万円も違ってくるのです。サラリーマンとして給与所得を受けている場合、給与所得+FX投資利益=330万円以上であれば、「くりっく365」の方が税制上得をする計算になります。

さらに、「くりっく365」では、投資損失が発生した時は、損失分に対して3年間税金の繰越し控除を得られるという税制上の優遇措置があります。今年損をして翌年利益が出た時、「くりっく365」以外のFX会社で取引していた場合は損失を繰り越せないのです。この特典も大きな魅力です。

また、読者の方の中には、FXだけではなく商品先物や日経平均先物等といった他の投資を手掛けているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。FXで得た収入は、他の投資損益と一緒に申告する事ができるのです。つまりFXで利益を出し株取り引きで損失が出た場合、両方を通算して申告できるというわけです。


安全性の面でも、「くりっく365」は折り紙つきです。「くりっく365」に参加している各社は顧客の預託金を全額「くりっく365」に預ける義務があり、預託金は取引所で分別保管されているのです。万一「くりっく365」に参加している会社が倒産しても、預託金は取引所で安全に守られているという構図です。

もう一つ、以外と知られていないのですが、売りと買いのスワップが同額というメリットも見逃せません。
例えば3月6日時点で「くりっく365」では、売りも買いも151円です。売りポジションを持つ時に不利なレートのマイナススワップにひやひやする私としては、この売りスワップ同額提示というのに非常に惹かれまし、買いスワップもレートも良い水準だと思います。

さて、現在14社が参加している「くりっく365」ですが、取扱通貨ペア、証拠金、スプレッド、スワップ等が一律に定められていますので、どこの会社を通じて取引するかは、サービス面や取引システムの使いやすさからベストと思われる会社を選ぶのが良いでしょう。

現在「くりっく365」の取扱通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円 、英ポンド/円 、豪ドル/円、 スイスフラン/円  カナダドル/円、ニュージーランドドル/円の7種類、スプレッドは変動制でUSドル/円2~3銭と非常に安く抑えられています。

政府公認の取引所で安心して低コストでFXの取引を行いながら節税もできる・・・安全と利益アップの両方を提供してくれるのが「くりっく365」です。

ページトップへ↑