外貨預金とFXの違い(fx初心者入門講座)

外貨預金とFXの違い

TOPページ FX(外国為替)の基礎知識 > 外貨預金とFXの違い

 

外貨預金とFXの違い

FXに興味があり、いつかはやってみたい。
という方は「投資」に興味がある方ではないでしょうか?

私には、「」や「外貨預金」といった他の投資商品も試したことがありますが、経験したからこそFXが「」や「外貨預金」よりも魅力的な投資商品であると言い切れます。

ここでは、FX(外国為替証拠金取引)が、同じく外貨を扱う投資商品である「外貨預金」や「」とどのような違いがあり、どんな魅力を持っているのかをお話します。


外貨預金より手数料が圧倒的に安い!!

外貨預金FXは、どちらも外国の通貨を扱っていますが大きな違いは、その手数料の差です。

例えば、外貨預金では1ドルを円に交換しようとした場合、約2円の交換手数料が必要になります。

FXでは、なんとこの通貨と通貨の交換手数料(為替手数料と呼びます)を0円で行ってくれます。
しかし、0円ではFX会社が利益を得ることができないためスプレッドと呼ばれる売値と買値の開き(これがFX会社の利益となっています)が取引コストとしてかかるのですが、その額は0.04円(低スプレッドで知られるマネーパートナーズの場合)と小額です。

2円と0.04円では、どちらも小額でピンとこない方もいるかも知れませんが、これが1万ドルになると大きな差になってきます。

1万ドルを円に交換するのに必要な為替手数料は、外貨預金の場合2万円かかります。
これがFXであればたったの400円ですむのです。

これは、例えば2万円の利益がでた場合、外貨預金では手数料が差し引かれるため利益になりませんが、FXであれば19600円の収益になるということです。

銀行が「インターバンク市場」から外貨を調達してから外貨預金として個人に提供しているのに対し、FX会社を通せば、個人が直接「インターバンク市場」の外貨を調達できるために、このような手数料の差は生まれるといわれています。これは、魚をデパート(銀行)で買うよりも、魚屋さんが集まる築地市場(FX会社)で買ったほうが安くなるのと同じ仕組みなのです。


FXは好きなときに決済できる

外貨預金がFXよりも高い手数料がかかるのは、お伝えしましたが、もう一つ、FXには、外貨預金と比較してメリットといわれているものがあります。

それは、「FXが24時間取引が可能であり、自分の好きなタイミングで決済ができる」ということです。

外貨預金には、必ず期間が設定されており、その期間が終わるまでは自分のお金といえども原則として引き出すことはできません。無理に途中解約しようとすると極端に利率が下がったり解約手数料が必要となったりします。そのため、預けている外貨の価値が下がり始めたとしても、早めに下ろして損害を最小限に食い止めるということができないのです。

つまり、FXは、外貨預金よりもリスクの管理が自分自身でできるという大きなメリットがあるのです。

ページトップへ↑