取引業者比較のコツ(fx初心者入門講座)

取引業者比較のコツ

TOPページ 外国為替証拠金取引業者比較 > 取引業者比較のコツ

 

取引業者比較のコツ

外国為替証拠金取引業者比較のコツ

 ここでは、FXで取引を行う上で、業者選択のコツを紹介していきます。

1.登録業者かどうか

 取引業者の選定にあたり、まず、法改正にのっとって金融庁にきちんと登録された業者かをチェックしましょう。金融庁への登録が完了しているのならば、会社のウェブサイトなどで登録番号の情報が得ることができる筈です。

 なお、法改正が急ピッチで進められたこともあり、2005年12月の期限の時点では登録の受理だけで終わり、審査が済んでいないという業者も多数あります。そうした業者については、現在、順次審査が進み、登録が済んできていますが、審査待ち状態でも営業は可能なのです。

 もっとも、基本的に登録要件がクリアされていなければ、受理自体がされません。ですから、受理がされていることさえ確認できれば、それほど神経質になる必要はないでしょう。

 登録の受理すらしてもらえない業者、登録自体をする気のない業者は、営業自体ができません。

 しかし、裏でこっそり営業をしている可能性があります。そうした業者と取引をするのは、後々トラブルのもとです。絶対にやめましょう。

2.信託分離をしている業者かどうか

 業者選択において注目したいポイントのひとつが、「信用リスク」です。

 最低資本金や自己資本規制比率など、業者としての条件をクリアしたとは言え、銀行などと比較すると、財務上脆弱な業者は多く存在します。

 いわゆるIR情報などがきちんと公開され、財務状況を確認できるかをチェックするようにしましょう。これが、取引業者としての健全性を確保しているかに関わるポイントです。

 また、「信託分離保管」というシステムを採用している業者は、よりリスク回避について対策していることになります。

 これは、顧客から預かった資金を、信託銀行に分離して保管するシステムです。

 信託分離保管により、業者内の財務における一般の債権・債務から顧客資金を切り離し、万が一倒産した場合でもその分は顧客に返すことができるのです。

 この対策は、コストなどの問題により、全ての業者が採用できるものではありません。

 よって、このような顧客保護に力を入れているという姿勢は、信頼性が高く、好感が持てるポイントと言えるでしょう。万が一の時の備えという意味でも、これは業者選びの大きな要素になります。

3.その他の選択ポイント

 取引業者の信頼性を確認できた所で初めて、扱っている商品について比較検討をするようにしましょう。いくら魅力的な商品を扱っていても、取引開始後に倒産したのでは意味がありません。

 取引商品においては、「取引にはいくら手数料がかかるか?」「最低取引金額は?」「取引を開始するのに必要な証拠金額は?」「出入金などはスムーズに行われるか?」など、気になる所からチェックしていきましょう。
 商品を比較する上で、手数料は気になる所です。

 もちろん、安いに越したことはありませんが、それだけで取引業者を決めるのはリスクが伴う可能性があります。為替情報や会社としての安定性など、業者としての付加価値が高ければ、ある程度高い手数料を払う価値はあるかもしれません。

 もちろん、手数料が安いから情報や安定性が低いというわけでもありませんから、手数料と取引業者の価値は一概に言えるものではないということです。なお、長期的にポジションを維持し、スワップポイントによる利益を得たいのであれば、スワップポイントの水準もチェックが必要です。

「システムの使いやすさ」

 最後に、大きなポイントになるのが「システムの使いやすさ」です。

 以前、株の世界で大きな誤発注事件がありました。万が一、あなたが間違って注文しても、それは自己責任です。かといって、チェック項目が多すぎても激しい値動きの中で取引する際など不便です。

 この負担をできるだけ軽くするには、自分にとってなるべくシンプルで、使いやすい取引システムを選びたいものです。業者によっては、ウェブサイト上で仮想取引(デモトレード)の場を提供している場合もありますので、これらを利用してシステムの使い勝手を色々試してみるのもいいでしょう。

すべてが問題なければFXのコスト(手数料とスプレッド)で選ぶ

FXにかかるコストは、2つです。

それは、「手数料」と「スプレッド」と呼ばれるものです。

手数料」とは、株式投資における手数料と同じ「仲介手数料」のことで、
1万通貨あたり=○○○円
というように「通貨あたりいくら」といった形で設定されています。

FXが日本に紹介された当初は、この「手数料」がかかることが当たり前だったのですが、最近ではFX会社の競争により、この手数料が一切かからないことを売りにする会社も数多くあらわれています。

次に、スプレッドについてですが、これは簡単にいえば、「売値と買値の差」のことを。

例として、
日本円と米ドルのレートが「110.05-110.10」と表示されていた時は、

米ドルを買う時は、1ドル=110.10円で買える。
米ドルを売る時は、1ドル=110.05円で売れる。

という状態ですが、

この状態では、『売値と買値の差』である0.05円、
つまり、5銭がスプレッドといわれる投資家からみた取引コストとなるのです。


前述したように手数料無料のFX会社が多数あらわれた今、手数料無料の会社の中からさらに「低スプレッド(売値と買値の差が狭い)」をうたっているFX会社が、最もコストがかからないFX会社だということになります。

手数料無料」でかつ「低スプレッド」のおすすめ会社は、「低スプレッドで選ぶなら」という記事にまとめていますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

ページトップへ↑